ABOUT


High Ambition 2020 jp.
International Women’s Cycling Team

2020年 東京オリンピック、2024年パリオリンピックを見据えて、日本で初となる女子のインターナショナル自転車チームを2019年春に結成しました。

本場ヨーロッパからUCIワールドツアーチームで監督・コーチを歴任したマネル・ラカンブラ氏を招き、本場UCIチームのフィロソフィーを持ったチームを立ち上げました。

日本人選手のパフォーマンス向上のために、ヨーロッパのUCIチームやアジアのオリンピック候補となる優れた選手たちと走ることのできる環境づくりをスタートしました。

●オリンピック出場枠獲得に必要な日本のUCIポイント獲得の機会を創出するため、海外UCIレースへの参戦可能な環境を作り、日本の自転車界に貢献します。

●「日本の自転車をもっと人気スポーツにしていきたい」という長年の想いから動き始めたプロジェクトにより、他のスポーツでも見られるように、女子選手の活躍で注目を集め、多くの方々に広く認知していただき、日本の自転車界のさらなる知名度・人気・地位などの向上を目指します。

チーム代表  加藤 修 (Shu Kato)

MISSION


High Ambition 2020.jp(ハイ・アンビション2020ジェイピー)の目標は、UCI(国際自転車競技連盟)への登録プロチームとなることです。そして、2020東京オリンピック、その先の2024年パリ オリンピックに代表選手を送り込むこと。抜群の環境で日本から世界で通用する若手選手を発掘・育成していきます。

BACKGROUND

High Ambition 2020.jp は、女子アスリートの活躍によって、自転車界全体の人気アップ、世界を目指す日本の女子ロードレース界のレベルアップ、自転車業界の市場規模拡大を目的に、2019年2月に設立されました。

本格的にレース活動を開始したのは2019年3月です。ベトナムで開催の9日間の国際ステージレース参戦で、初のステージ優勝を挙げ、その後も国外のUCIレース、国内の有名レースで優勝を重ね、一躍注目を浴びる存在となりました。

ROADMAP

2021年までにチームが目指すポジションはUCI 1クラス、2クラスです。

現状の日本では非UCIのアマチュアレースしか存在しておらず、世界のレースへ遠征し、UCIレースに参戦することが課題となっています。

※UCIとは、サッカーで言えばFIFAのような、国際自転車競技連盟という競技団体の名称で、日本のJCF(日本自転車競技連盟)はその下部組織です

2019年
チーム結成
レース活動開始
国内と海外で8レースに参戦し数々の優勝実績

2020年
ビワセカップ(ベトナム 3月)を皮切りにシーズンレース参戦
東京オリンピック2020 → 2021年開催へ延期
オリンピック開催地である御殿場市、裾野市との連携がスタート
拠点を静岡県へ移し、国内での交流イベントを企画・開催

2021年
国内メジャーレース参戦
アジアでの海外レース参戦(3月~5月)
東京オリンピック 海外選手の参加(開催地で大会PRに協力)
ヨーロッパ遠征(フランス、スペインなど)
UCI登録チーム申請 → 2021年開催へ延期

2022年
国内メジャーレース参戦
日本で初となるUCI女子サイクリングチーム登録
ツール・ド・フランス参戦(日本チーム初)
ブエルタ・ア・エスパーニャ参戦(日本チーム初)
その他海外レースへの参戦

2023年
国内メジャーレース参戦
ツール・ド・フランス参戦
ジロ・デ・イタリア参戦
UCIワールドツアー登録

2024年
国内メジャーレース参戦
UCIワールドツアー参戦
ツール・ド・フランス参戦
ジロ・デ・イタリア参戦
パリ オリンピック(日本人選手選出・所属する外国人選手からも代表選出)


TEAM

RIDERS

Rachele Barbieri
Italy
Sprinter
Laura Camira Lozano
Columbia
Climber
Breanna Hargrave
Australia
Judith Krahl
Germany
Alriro Milaki
Greece

本田 母映 (育成選手)
Japan
Serene Lee
Singapore
Climber
Doris Shweizer
Switzerland
 
Jacqueline Dietrich
Germany
川上 唯(育成選手)
Japan


STAFFS

Manel Lacambra
Spain
監督 兼 コーチ
須田 晋太郎
Japan
国内コーチ
相良 毅
Japan
スポンサーシップ/プロモーション
加藤 修
Japan
チーム代表